35歳、おひとりさま女子。自分で稼ぐ力をつける過程を綴っていきます。ただいまwebエンジニア目指して勉強中。

マインド

マナブさんと会った。その後、自分の変化の話。【想定外】

マレーシアでのプログラミング合宿

先日、マナブさん主催のマレーシアでのプログラミング合宿(という名の飲み会)に参加してきました。

突然日程が決まったため、毎日バイトに入っている私はスケジュールを鬼調整して、なんとか1日半くらいはマレーシアに滞在することができました。

そしてこの出来事は予想どおり、自分にかなり大きな影響を与えました。

これを今読んでくださっている皆様はおそらく、
「モチベーション爆上げになって帰ってきたんでしょ」
と思っているでしょう。

そのとおりです。
モチベーションは爆上がりました。

そのことは私も行く前から想定していましたし、
きっとそれがこれからの私の人生に大きく影響するだろうと
想定して行きました。

ただ、実はその他にも、想定していなかった自分の感情の変化があったのです!!

今日はそのことについて書いていきたいと思います。

先にネタバレすると、
「マナブさんだって、自分と同じ「人」であることがわかった」
です。

これはどういうことか、詳しく描いていきます。

マナブさんとは

私のTwitterをフォローしてくださっている方はほぼ100%マナブさんをご存知だと思うので、説明不要かとも思いますが念のためマナブさんとはどういう方が紹介します。

アフィリエイト、プログラミング、Youtubeなどでの実績をお持ちで、Twitterではフォロワー9万人越え、インフルエンサーとして影響力大の方です。

プログラミング学習についてもよく発信されていて、私はマナブさんの「プログラミング独立のロードマップ」の教材を第1期募集の時に購入させていただきました。今はちょうど第3期を募集されているみたいですね。

売り上げもいつも公表されていて、まあ、ほとんどの人は、こういう具体的な数字見れば「この人すげー。。。。」ってなりますよね。

でもマナブさんは、こういう達成のために大切なのは、行動、継続、努力などであるということをよくおっしゃっていて、とてもストイックな方です。

マナブさんと会って、その後の変化

そんなマナブさんと、マレーシアの合宿にてお会いすることができました。

その時の様子などは、共に合宿に参加した杉山さんのブログをご覧ください。私は飲み会の具体的な内容というよりは自分で感じたことを書かせていただきます。

まず、リアルのマナブさんはYouTube で見ているマナブさんの感じと特に差はありません。話し方とか、謙虚な態度とか、ほんといつも動画で見てるそのままだと思いました。

そして誤解を恐れずに言ってしまうと、何か特別なすごいオーラが出てるというわけではありません。

例えばマナブさんのことを全く知らないとして、カフェで仕事をしているマナブさんを見かけたら、

「お、細マッチョなイケメンがおるなー。」

と思い、ニヤっとくらいはすると思いますが、

「アフィリエイトでめちゃ稼いで、Twitterフォロワー9万人以上もいるオーラを持っている人がいる。。。!」
とはまさか思わないでしょう。

つまり何が言いたいかというと、
マナブさんだって私と同じ「人」だということです。。!

もうちょっと言うと、ブログとYoutubeと筋トレがめっちゃ好きな人でした。

これは会った瞬間に思ったわけではないです。初めお会いした時は、いつも画面で見ていた人がリアルにいる。。。!と興奮していました。

ただ、お話をさせていただくなかで、マナブさんが、行動と努力により今の状態になったということを実感でき、本当の意味でわかったのです。

例えば、プログラミングの仕事を受け始めたときに話だったり、Youtubeはいつも台本を作っているとのことでそれを見せて頂いたり、さぼりたくなることもあるというのを聞いたり、めっちゃ笑ってはるのを見たり。

そういう普通の人としてのマナブさんを見たときに、私の中でマナブさんがリアルに存在する人になりました。

ちょっと話それますが、、、、

マナブさんは人をほめたりいいところを見つけるのがすごく上手いなと思いました。「それいいですね」とか、「それアクセス伸びそうですね」とかすぐにおっしゃてて、そういうときすごく楽しそうにしてらっしゃるのが印象的でした。

、、、話を戻すと、マナブさんも普通に人なんだと気づいたときに、

ファンの思考になってしまったらダメ、っていう考えもわかっていたし、マナブさんが努力してここまで来たってこともわかってたつもりだったのですが、いつのまにかマナブさんを神化して、自分とは違う人のように思ってたことに気づきました。

そして私の中でのマナブさんという神が人になったとき、わたしがどういう気持ちになったかというと、

「私もできそう」

です。

これだけ言うと、皆さんにナメんなと怒られそうですが、もちろん圧倒的な努力と行動が前提であるということはわかっています。

でも今まで勝手にかけてたマインドブロックがポロっと取れて、私だって圧倒的に努力すればマナブさんのようになれるかも、と心の底から思えたのです。これは全く想定してなかったことで、驚きました。

今回マレーシアに行った中で一番良かったと思える自分の変化でした。

そんな、目からウロコの体験をして、帰ってきてからやりたいことが増えました。

  • Twitterを本気で活用したい
  • Youtubeに挑戦したい。
  • ブログもっと書きたい

どこか今まで「すごい人」がやるものだと思っていたことを、やり始めようと思うようになりました。これらは「すごい人」がやるものではなくて、みんな継続して本気でやってきたから「すごい人」になったんですよね。。

また、よく「尊敬している人の考えをインストールする」といいって言われるじゃないですか。今までマナブさんのYoutubeとかブログとかよく見ていて、内容わかっていると思っていたのですが、やっぱり遠い人として見ていたところがあったので、今一度Youtubeとブログを見まくりました。すると、今までと感じ方が全然違っていて、スッと自分の中になめらかに内容が入ってくる感じがしたのです。

ファン、ダメ、絶対。

あういう風になりたいと尊敬している人がいるならば、ファンになって尊敬している人をアイドル化してしまってはダメですね。体験して身をもってわかりました。ファンになればなるほどその人には近づけなくなります。

でもよく考えると、これと似たようなことって日常で結構あります。

例えば誰かが試験に合格したとき、「あの人は昔から頭いいからね」と言ったり、絵が上手い人を見たときは、「あの人は芸術家肌だよね」と言ったり。

努力や行動があるからこその結果なのに、それを見ずに自分とは違う人間だと言うことによって、怠惰な自分を正当化する。
自分が成長できない原因の1つですよね。 気をつけたいものです。

とはいえ、今回私は自分でもマナブさんのことを自分とは違う人だと思っていることに気づかなかったわけですが。

とにかくできることは、もし尊敬する人に会えるチャンスがあるのなら絶対に会うこと、ですね。スケジュールを鬼調整してお会いすることができて、本当によかったです。

まとめ

マナブさんに会って、マナブさんは人であると気づき、私だって努力をしたらマナブさんのようになれるかも、

と思った話でした。

今回の合宿ではマナブさん以外の方々にお会いすることができたし、もちろんいろいろ思うところはあったのですが、一番自分にとって大きかった体験を書きました。

それにしても、マナブさんに対して私がgiveできることは何もなく、面白いビジネスの話ができないのであれば、せめて笑えるおもしろおかしい話でもできればよかったのですが、まさかそんな技量もなく。。

もっと成長して、興味持ってもらえるような話をできるようにしたいと強く思いました。